パン屋さんごっこ

今年度始めてのパン屋さんごっこがありました。最初のパン屋さんは青1組。
憧れのパン屋さんに園児たちの期待が膨らみます。

image.jpg
パン屋さんの名前を自分たちで決めて、ポスターも作りました。その名も「はるいろぱんやさん」
image.jpg
副園長先生にパンの種類を聞いてメニュー表もつくりました。
image.jpg
お菓子の箱でレジも作りましたよ。
image.jpg
仕入れたパンをきれいに並べて開店の準備です。
image.jpg
準備が整ったようです。放送で係りのお友だちが開店を知らせます。
image.jpg
image.jpg
小さい組から手作りのバッグを持ってお買い物にやって来ました。お金を渡して、好きなパンとお菓子を買います。
image.jpg
image.jpg
image.jpg
行列のできるパン屋さん。大繁盛。
image.jpg
いらっしゃいませ〜、とだんだん声も大きく出るようになってきました。
image.jpg
image.jpg
image.jpg
青1組のはるいろぱんやさんご苦労様でした。
image.jpgimage.jpgimage.jpg
楽しいランチタイムです。各クラスで思い思いのランチョンマットを敷いて、お食事をより楽しく演出します。

さて、パン屋さんの青1組さんもランチの時間です。働いたあとのパンは美味しいでしょう?と副園長先生に言われて大きくうなずく子供たちでした。
image.jpg
image.jpg
image.jpg
ポスターを描く、文字や数字を書く、コミュニケーションをとりながらものを売る、買う、希望のものが売り切れてしまったらどうするかなどなどたくさんのことを学びます。そして選んだものを美味しくいただくという食育にもつながります。
保育とは細切れに行うものではなく、一連の流れの中で行うものということを実感できるパン屋さんごっこです。




この記事へのコメント